訃報

| コメント(0) | トラックバック(0)

うら道を来て鶯の初音かな

与謝蕪村

朝鮮半島生まれ・・正しくは北朝鮮ですが訃報がありました。
朝鮮半島は受難の歴史です。
そして日本からも訃報が。
作曲家船村徹の訃報がありました。
私は美空ひばりの「みだれ髪」を聴くと涙が止まりません。
母を思い出してしまいます。母は幼くして実の母を亡くし、
継母に育てられました。
私の母は77歳で亡くなり母の団参りの方から
「継母は鬼の様な怖い人だった」と知らされました。
ところが生前の母からは一言も辛い言葉を聞きませんでした。
反対に厳しく育てられた事に感謝し、
私はとても継母に外孫として可愛がられました。
継母は関東大震災で夫と子供を亡くした方でした。
写真のLPは「ちあきなおみ」が歌い小生のお宝です。

17hunamura2.jpg

「別れの一本杉」「どうせ拾った恋だもの」
「矢切の渡し」「柿の木・・」みんな名曲です。

17hunamura3.jpg

しかし今日は小林旭が歌った「ダイナマイトが百五十屯」が
まさか氏の作曲だったと初めて知りました。
そしてアノ大瀧詠一が著書の中で詳しく・・・
小林旭を記述していたのです。

17hunamura1.jpg

船村徹 合掌

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kubikimochi.or.jp/mt/mt-tb.cgi/3277

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7

オススメ

このブログ記事について

このページは、が2017年2月18日 23:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「山鳥毛」です。

次のブログ記事は「楽しいねスマイルボーリング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。