BMW技術基礎セミナー  村上園 伊豆川飼料工場の現地視察

| コメント(0) | トラックバック(0)

帚木の四五本同じ形かな

正岡子規

帚木は「箒草」の別名。
長年の付き合いですが村上園は初めて。
大きな山に向かってどんどん登ります。
まさに「天空の城」でした。

19murakami1.jpg

村上園から我らが金谷氏が合流しました。

19murakami2.jpg

国営事業で開墾した茶園です。
約4haの広大な農園。しかも全作有機!!

19murakami3.jpg

茶摘みコンバインの威容。

19murakami4.jpg

新芽を刈り取って風で後ろの籠に入れます。

19murakami5.jpg

茨城自然塾 清水社長と散布機。
活性水もこれで散布。

19murakami6.jpg

除草剤は不使用ですから草刈り
草取りが大変な作業です。

19murakami7.jpg

懐かしいお茶の花ですね。

19murakami8.jpg

自家製の堆肥製造場。温度計があります。
いい発酵ですね。

19murakami9.jpg

一人で堆肥の袋詰めができる優れもの。

19murakami10.jpg

刈り取ったお茶の葉の乾燥から製品までの施設。

19murakami11.jpg

有機JAS認定工場の看板。素晴らしいね!
有機JASだから共同選別は無理。
資本の投下は半端じゃない。

19murakami12.jpg

BMWプラント、黒富士の堆肥から立ち上げました。
村上園渾身のプラントですね。

19murakami13.jpg

集落の景色は長野県飯田市と似てます。
急峻な地形、雪国では想像できない集落の様子。

19izugawa1.jpg

伊豆川飼料工場の見学。
清水氏は缶詰工場の集積地。
ここにはアジア各地から魚残差が集積。
漁糟の資料・肥料の説明。

19izugawa2.jpg

氏は元は商社マン。
私も使用してます「853」「742」
の原料がありました。匂いで分かります。

19izugawa3.jpg

有機JAS適合の「10?6魚糟粉末」
これには注目!!
研修が終わり富永氏と駅構内で昼食。
やっぱり「刺身丼」かな。
笹神の皆さんと越後湯沢駅まで一緒でした。
13時35分。FMJの取材あり。
電車の中だったので雑音多し。
大丈夫だったか・・・心配。
生放送・・・想像で答えましたよ。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kubikimochi.or.jp/mt/mt-tb.cgi/3796

コメントする

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1

オススメ

このブログ記事について

このページは、が2019年8月21日 05:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「BMW技術基礎セミナー  家族農業」です。

次のブログ記事は「農場は一代にして成らず」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。