農家の暮らしの最近のブログ記事

| コメント(0) | トラックバック(0)

夏至過ぎて吾に寝ぬ夜の長くなる

正岡子規

危ない所(電気コード)上に巣をかけた燕君。
心配をよそに大丈夫だー!


20nibatubamesu.jpg

まあひとまず安心ですか。
江立て、肥料散布・・・除草・・。
笹だんご、チマキ作り、我が家は仕事が満載です。

収穫

| コメント(0) | トラックバック(0)

さみだれをあつめて早し最上川

松尾芭蕉

6月はブルーベリーの収穫期。
結構、田んぼの仕事が忙しくて大変!

20buruberimi1.jpg

雨風で実が落下してしまうので気が揉める。
一粒一粒採る仕事は気が短いとダメだな。

20buruberimi2.jpg

収穫後は根っこに藁マルチは欠かせない。
ジャムになって我が家の食卓に。
生きてる内は自分達?の仕事かな。

清姫か涙の玉や蛇いちご

正岡子規

やっぱり師匠は凄い。
14日の日曜日。
春作業の請求書を持ってS宅へ。
そこでニホンミツバチの講義を受けてきました。

20mitubatisubako.jpg

これぞ巣箱。

20kinryohensubako.jpg

師匠のキンリョウヘンの使い方。
私は株分けも覚えたい!
まだまだ修行が足りんな。

20mitubatisekigawasubako.jpg


まあ!見ても凄い箇所はなかなか気づかない。
やった事ないのと興味がないと分からない。

20sekigawamitu1.jpg

最高級の「蜂蜜」

20sekigawamitu2.jpg

苦節七年の成果です。
満願の笑みに拍手です。

落語

| コメント(0) | トラックバック(0)

麦秋や雲よりうへの山畠

桜井梅室

一日トラクターに乗ってる毎日。
今年こそ100点満点の苗にしたいナー!
あれこれ考えながら試行錯誤。
特にJAS有機の苗が難しい。
私の耳にはいつも落語が入ってます。
トラクターのカセットもラジオもダメ。
壊れてますね。

20sintyo.jpg

志ん朝もいいですが。
やっぱり志ん生は違うナー。

20sinsyo.jpg

一言で言えば・・・作為が感じられない。
飽きないのですね。
江戸時代の生活、日本人、
渡辺京二さんが記した世界がある。
凄いと思う。

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝焼けの雲海尾根を溢れ落つ


石橋辰之助

燕が巣をかけ始めて育苗がスタート。
子供達の新型コロナ休暇?でお手伝い。
我が家ではとても助かりました。

20tubme4.jpg

グングン大きくなってます。

20tubame5.jpg

立派なもんだナー。

20tubame6.jpg

さえずりの声がとてもいいな。

どくだみや真昼の闇に白十字

川端芽舎

師匠から届きました。
びっくり筍です。旨いし、大きい。


20sekigawatakenoko1.jpg

これって普通の孟宗竹ではないと思うけど。

20takesekigawa2.jpg

凄い竹林らしいし人を寄せ付けない所。
あらためて師匠に感謝です。

南風や植田濁りにとぶ雀

吉岡禅寺洞

S氏は私の「ニホンミツバチ」の師匠です。
今度は凄い筍を頂きました。
今朝、賞味しましたがなかなか旨い。
何でも急峻な岸壁に有るそうです。
危険で誰も採れない。

20mousodake.jpg

こんなに大きくいなっていても食べれる。
不思議です。
研究の余地あり!

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1

オススメ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち農家の暮らしカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは猫のチビです。

次のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。