郷土料理の最近のブログ記事

美咲

| コメント(0) | トラックバック(0)

大根に実の入る旅の旅の寒さかな

配達してると今日は大風。
参ったなあ。
ドアも開かない程。
お昼はやっぱり美咲です。

21misaki.jpg

最高のランチに満足。
力が漲って感謝。
700円になりましたよ。

飲めるだけのめたるころのおでんかな

久保田万太郎

11月12日(金)
お米の販売会議。
と言っても飲み会です。
吉川区「ゆったりの郷」が会場。
御風呂には入らず会議。
そして懇親会へ移行。

21yuttari.jpg

二次会は「その」
やっぱり飲み過ぎました・・・反省ザル

早生の田に刈すかさるる小村かな


土屋林紅


頸城郵便局の窓口です。

21sasadango.jpg

大きな看板で「笹団子」アッピール!
そうです!上越カタログに掲載されてます。
笹団子とチマキは人気商品ですね。
二つとも新潟県の特産物。

昼顔の花に乾くや通り雨

正岡子規

6月1日、やっと田植えが完了しました。
そして2日、高田「長養館」で会合・会食。
コロナ禍の中で特に慎重に開催。
ここは元は旅館も兼ねていたそうです。
現在は上越市ではトップのお料理を出す割烹。
近くに「浮き世」もあります。

tyoyoukan1.jpg

岩の原の「スパーキング」で評判が良いそうです。
ラベルは地元陶芸家の齋藤さん。

21tyoyou0.jpg

皆さん、久しぶり・・1月依頼ですが
まずは近況報告かな。
そしてコロナ談議。
お酒談議。

tyoyoukan2.jpg

私にはちょっとレベルが違う料理。


21tyoyoukan3.jpg

ご主人登場です。
あっという間の時間でした。
ご苦労様でした。


| コメント(0) | トラックバック(0)

いとけなく植田となりてなびきをり

橋本多佳子

代掻きが済んで田植えを待つ田
「代田」
田植えが済んだ田
「植田」
苗が伸びてから田
「青田」
田んぼの表情で変わる呼び名。

Sさんから頂いた鯛です。

21taiage.jpg

お昼時に持って来てくれたのです。
感謝です。

21taiage1.jpg

油を敷いて揚げるんだそうです。
これは旨い!
今が旬だそうです。
初めての経験でした。

田植季(たうえどき)我が雨傘もみどりなす

橋本多佳子

Sさんから鯛を頂きました。
ほんとうに感謝です。

21tai1.jpg

大きな鯛。
出刃包丁は・・刃がこぼれてます。
三男坊さんに頼みました。

21tai2.jpg

孫の愛結も喜んで食べました。
我が家族は全員・・ニコ!
旨いネー。
感謝ですね。

焚くほどは風がもてくる落葉かな


良寛

流石に良寛は凄いな。
配達は高田から新井方面です。
今日は謝罪もあるしね。

20misakiranti.jpg

本日はご飯んも多め・・・ニコ!
¥650、美咲のランチは最高ですよ。
感謝です。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1

オススメ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち郷土料理カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは季節です。

次のカテゴリは研修です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。