郷土料理の最近のブログ記事

ご飯

| コメント(0) | トラックバック(0)

古を好む男の蕎麦湯かな

村上鬼城

株式会社 クリヤマの栗山社長。
渾身の作が「かまどご飯」
孫の乃愛は大のご飯好き!
大好物が「焼きおにぎり」なんです。
11月24日の日曜日。
万を期して「ご飯」スタート!

19kamado1.jpg

今回はテストなので敢えて「こしいぶき」

19kamado2.jpg

乃愛の一言で感激!「このご飯甘い」
美しいのです。お米は立ってます。

19kamado3.jpg

栗山社長が9年間費やした渾身の作品です。
生産者はもっと自分の製品のスキルアップが必要ですね。
もっと勉強しょう!
反省しましたよ。

冬山やどこまで登る郵便夫

渡辺水巴


11月8日、社長との約束の日。
レンジで簡単にしかも安全に本格玄米食!
洗米から炊飯まで、何と35分。
株式会社 クリヤマを訪ねました。
三条へ。
「ものつくり」の街です。
ナビが旧工場しか分からず迷いました。
大きなビルが「クリヤマ」

19kuriyama0.jpg

社長が案内されて玄米ご飯を炊いてくれました。
正確には女性レシピ担当職員の方。
「レンジで玄米炊飯セット」です。

19kuriyama1.jpg

粒が際立って玄米臭さがありません。

19kuriyama3.jpg

取締役、営業部長の小林さん。
感動の始まりでした。

秋高し雲より上を鳥かける

正岡子規

価格の件で高田から直江津を回りました。
15時からは久しぶりのEC上越の例会です。
普通はミュゼ小雪・・5階なんですが。
アクシデント発生、会場の予約忘れ・・・!?
急遽、高田公園の「オーレンプラザ」

19ec101.jpg

重要会員お二人のWeb解説。
素晴らしいな!努力の賜物!
汗の結晶ですね。

19ec102.jpg

会員のW氏の「キャッシュレス時代」の勉強。
濃い内容でした。

10ec103.jpg

これは会員M氏自慢の濁酒です。
廃業した方から譲り受けました渾身の一滴。
試飲しましたよ勿論。
堪能しました。

喪を秘して軍を返すや星月夜

夏目漱石

長いようでとても短かった私達の旅。
安曇野はとても広い。

19azuminosoba.jpg

安曇野インターの手前で昼食。
蕎麦定食。
親戚のお通夜が18時、急ぎましょう!

雨雲の月をかすめし踊りかな

正岡子規

8月12日、連日の猛暑にクタクタ。
なにせ会社ではクーラーでブレーカーがダウン。
ユニットに水をぶっ掛けて何とか・・・・・。
でもダメです。
チマキ作り、笹団子作り、餅の製造。
妻は勿論、愛里ママはもう限界の毎日。
13日のお盆の準備、お墓の掃除、ご馳走の準備。
私は味噌の切り替えし。
「ああ!スタミナだ!」
子供達は姉妹で東京周遊の旅に。
三人で「得っと」

19tokutto1.jpg

連休だったせいか混んでます。
待つこと30分。

19tokutto2.jpg

お肉が一ぱい入った「肉重箱」¥1450
生ビールの美味しさは格別。

19tokutto3.jpg

本日は大満足の夜でした。

あつき名や天竺牡丹ひでり草

正岡子規

7月27日、「大王わさび農場」を見学。
日本全国からの車がありました。

19daiouwasabi1.jpg

川の船下り?夏休みですね。

19daiouwasabi2.jpg

このワサビ農場は凄いな。観光農業です。

19unagi1.jpg

昼食は「うなぎ」専門店へ。
「観光荘」は超満員。
丑の日でした。
お弁当で¥2300かな。


19unagi2.jpg

夏バテ防止のスタミナ食でした。

夕風や白薔薇の花皆動く

正岡子規

日曜日、今日も代掻きです。
おおお!
お隣のSさんが大きな鯛をプレゼント。

19simizu1.jpg

これは凄いな。
早速に鯛のお刺身・・煮つけ。

19simizu2.jpg

肉が厚くてとっても美味しいな。
感謝です。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1

オススメ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち郷土料理カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは季節です。

次のカテゴリは研修です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。