季節の最近のブログ記事

白藤

| コメント(0) | トラックバック(0)

あらたうと青葉や若葉の日の光

松井芭蕉

親父が育てた藤ですが・・・。
私は「白藤」が好きですね。
結構長持ちですがなかなか増えません。
清楚と言う言葉がピッタリです。
忙中閑あり。
19sirohizi2.jpg

大事にしたいですね。

19sirohizi3.jpg

心が癒されます。

| コメント(0) | トラックバック(0)

手にとれば月の雫や夏帽子

泉鏡花

連日の暑さは若苗には最適かな。
たまーにの雨ももっと良いけども。
私は専ら代掻きです。
やっと藤が咲きました。

19huzi1.jpg

でも花芽が出たらもっとツルや葉を選定すべきかな。

19huzi2.jpg

藤は手がかかるし難しいのかな。
でも楽しみですよ。

其の人の足跡ふめば風かをる

正岡子規

この時期、ずっと私は代掻き作業。
五十嵐集落ではもうスッカリ夜。
遠くの海辺の夕焼けに見とれました。

19sirokakidoki.jpg

言葉もありません。

| コメント(0) | トラックバック(0)

若鮎の二手になりて上りけり

正岡子規

春になると我が家の苗代の前にある桜。

19sinya.jpg

今年も咲きました。

19yukiwarisou.jpg

もう10年は経ったかな、明治地区の方から
頂いた雪割草です。
仕事しながら鑑賞できます。

八重桜盛りの後をおもひけり

原 石鼎

19haruomiya.jpg

今日は静かに頸城三山を拝みました。
妙高から火打、焼山と続く頸城三山。
雄大です。

19harukubikisanzan.jpg


ここはやっぱり妙高です。

19harumyoukou1.jpg


雪どけの中にしたたる柳かな

芥川龍之介

どうしたんだろうか。
昨日も今朝も雪だ。大島で30?。
吉川区の川谷で1m・・ホントかな。

19haruyuki1.jpg

まるで冬に逆戻り。
朝は寒かったよ。ここで砂を散らかす。

19haruyuki2.jpg

遠くに見える霊峰米山、尾神岳から光差す。

19haruyuki3.jpg

こんな日の朝仕事は朝ご飯が妙に旨くなります。

毎年よ彼岸の入りに寒いのは

正岡子規

やっと冬囲いの片づけも終盤です。

19harukatazuke1.jpg

おや!乃愛も手伝ってくれてますよ。
力もあるし動きが早い!切れがありますね。

19huyukatazuke2.jpg

妻の動きは?今年も抜群でしたよ。

19huyukatazuke3.jpg

良かった!寒さの中頑張ったんで夕食は?
「シャーレン」で焼きそばかラーメンにしよう!

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1

オススメ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち季節カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはです。

次のカテゴリは郷土料理です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。