季節の最近のブログ記事

柘榴

| コメント(0) | トラックバック(0)

秋灯や夫婦互いに無き如く

高浜虚子

朝晩、特に夜は少し寒い位になりました。
毛布も恋しい。
稲穂もグット稔でしょうが・・・・。
あの南風で随分脱粒した見たいだけども残念ですね。
集落のT宅の柘榴が気になります。
秋作業所、我が家のライスセンター?の途中にあります。

19zakuro1.jpg

最近、見かけなくなりました。
昔この果物が友人宅にありまして遊びに行ったことが。
懐かしい思い出です。

19zakuro2.jpg

どんな味かな?忘れました。

19zakuro3.jpg

酸っぱいかな。

19zakuro0.jpg

柘榴の味、誰か教えて欲しいな。

あつき名や天竺牡丹ひでり草

正岡子規

7月27日、「大王わさび農場」を見学。
日本全国からの車がありました。

19daiouwasabi1.jpg

川の船下り?夏休みですね。

19daiouwasabi2.jpg

このワサビ農場は凄いな。観光農業です。

19unagi1.jpg

昼食は「うなぎ」専門店へ。
「観光荘」は超満員。
丑の日でした。
お弁当で¥2300かな。


19unagi2.jpg

夏バテ防止のスタミナ食でした。

白藤

| コメント(0) | トラックバック(0)

あらたうと青葉や若葉の日の光

松井芭蕉

親父が育てた藤ですが・・・。
私は「白藤」が好きですね。
結構長持ちですがなかなか増えません。
清楚と言う言葉がピッタリです。
忙中閑あり。
19sirohizi2.jpg

大事にしたいですね。

19sirohizi3.jpg

心が癒されます。

| コメント(0) | トラックバック(0)

手にとれば月の雫や夏帽子

泉鏡花

連日の暑さは若苗には最適かな。
たまーにの雨ももっと良いけども。
私は専ら代掻きです。
やっと藤が咲きました。

19huzi1.jpg

でも花芽が出たらもっとツルや葉を選定すべきかな。

19huzi2.jpg

藤は手がかかるし難しいのかな。
でも楽しみですよ。

其の人の足跡ふめば風かをる

正岡子規

この時期、ずっと私は代掻き作業。
五十嵐集落ではもうスッカリ夜。
遠くの海辺の夕焼けに見とれました。

19sirokakidoki.jpg

言葉もありません。

| コメント(0) | トラックバック(0)

若鮎の二手になりて上りけり

正岡子規

春になると我が家の苗代の前にある桜。

19sinya.jpg

今年も咲きました。

19yukiwarisou.jpg

もう10年は経ったかな、明治地区の方から
頂いた雪割草です。
仕事しながら鑑賞できます。

八重桜盛りの後をおもひけり

原 石鼎

19haruomiya.jpg

今日は静かに頸城三山を拝みました。
妙高から火打、焼山と続く頸城三山。
雄大です。

19harukubikisanzan.jpg


ここはやっぱり妙高です。

19harumyoukou1.jpg


月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1

オススメ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち季節カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはです。

次のカテゴリは郷土料理です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。