研修の最近のブログ記事

向日葵や腹減れば炊くひとり者

原 石鼎

なかなか面白い話が聞けましたよ。
したたかな百姓魂かな。

20obinata2.jpg

ここが堆肥製造現場。


20obinata3.jpg

茸の廃オガは野積になってました。
耐雪型の高いパイプハウスが二つ。
ここで製造します。
これが臭いがしないから不思議!
ここがポイントになります。

20obinata4.jpg

会長自慢の堆肥!

20obinata5.jpg

これは最高の堆肥ですよ。

20obinata6.jpg

おお記念撮影。

20obinata7.jpg

ホント・・価値ある現場視察でしたよ。

うつくしや苦竹藪の夏薊

正岡子規

8月7日(金)
安塚の雪だるま温泉を横切って、
キューピットバレーを遠くに眺め、
とうとう「菱ヶ岳」

20hisigatake1.jpg

ここが大瀁用水の水瓶。

20hisigatake2.jpg

感慨深い。

20hisigatake3.jpg

記念撮影しました。
紅葉が素晴らしいと聞きました。
納得します。
ここからは下り、飯山は盆地なのでイッキです。
昔稲刈りした田んぼが見えました。
目指す農家に到着です。
約束の10時に大日方農園。

20obinata1.jpg

とてもいい話が聴けましたよ。

一匙のアイスクリームや蘇る

匙(さじ)

正岡子規

私が30代の頃に視察いたしました橋立農場へ。
「越の丸茄子」の生産者です。
今は耐雪型ハウス栽培になっておりました。
役場を50歳を目前に早期退職されたご子息が後継者。
立派ですね。
農場も茄子も。

20hasidate1.jpg

堆肥は名立の渡部農場の牛糞です。
一年、寝かして使います。

20hasidate2.jpg

20hasidate3.jpg

パイプハウスの基礎は生コン以外は全部ご自分で施工。
凄いですね。

20hasidate5.jpg

施設型はご子息が開始されました。
ラストは中野口、吉田農農場のブルーベリー。
ログハウスにて懇談・・NHK取材班が同行でした。
充実の研修に感謝!

うつし世にかなしく目覚めし昼寝かな

日野 草城

8月4日、上越有機農業研究会の現地視察。
13時30分、ドンキホーテに集合して分乗。
今年は糸魚川、西頸城です。
案内は吉田惣栄氏。
糸魚川の早川谷の内山農場です。
標高は300m?

20itoigawa0.jpg

さすがに絶景です。
糸魚川は深い谷に沿って水田、集落があります。
隣に行くには谷を登って行くと道が続く。
見事に手入れされてる水田は美しい。
平場の農家は見習う必要があります。
ご夫婦の汗と知恵の決勝がこの自然薯栽培です。

20itoigawa1.jpg

20itoigawa3.jpg

勿論イノシシとの闘いもあります。

20itoigawa4.jpg

U農場、ご夫婦の逞しい顔。

20itopigawa5.jpg

昔、この谷の向こうにあった苗を頂きました。
私が24歳の青二才だった頃です。
地元JAの池内さんが手配されました。
故人ですが感謝の念あるのみ!

物陰や百日草の今も咲く

正岡子規

7月17日に長野県飯山市にて「土づくり研修」
そして今日は・・弊社「久比岐の里」にて研修。
安塚の岩崎さん、秋山さんは9時に到着。
代表の伊藤さんはミタカ秋山社長と御一緒。

20tutidukuri1.jpg

いつもながらの代表の話は強くて深いナー。
今日もガンガンでした。

20tutidukuri2.jpg

真剣な研修はあっという間。
もう11時になってました。
本日は「笹だんご」製造日。
女性達の一服が出来ません、
部屋を占有してしまいました。・・陳謝!!


白雨にひとり外みる女かな   白雨(はくう・ゆうだち)

室井 其角

7月24日(祝日・金)
住民自治を進める会の勉強会がありました。
会場は柿崎区コミュニティープラザ4階/A会議室
柿崎区の総合事務所(元柿崎町役場)は久しぶりです。
間違って右端から入り左端へ。
内容は、地域密着の公民館活動の紹介です。
農村地域の18集落・戸数約500戸をエリアとした
活動は手作りの公民館便りとして100号(月一回発行)に
到達しました。

20simokurokawa1.jpg

講師は 公民館長 角張 寛美氏
角張さんが頸城中の教師時代には私がPTA副会長だった時。
とても懐かしく感じられました。
現在も頸城中でお仕事をされておられます。
「出来なかった問題が分かって〇をもらった生徒の笑顔
が何よりも嬉しい・・・。」まさに教師冥利の言葉に
私は感動しました。


「地域の拠りどころ、下黒川公民館」

20simokurokawa2.jpg

開会あいさつは佐藤 忠治氏。
住民自治を進める会 会長です。
郷土の地名と歴史を訪ねる会 (会長 長井 泰雄)
の共催でした。
内容は素晴らしかったですね。
主催事業と共済事業がありますが主催事業で際立ってます。
?小学校の4年生からの対象です。
 「手工教室」4回。
小刀を使いこなすわけですが4人の大人が指導します。
凄い事です。自分を守る事に通じます。

?書き初め教室。3回

?伝統の盆踊り  「十三夜」保存教室。4回
歌と踊りです。小学生と住民対象です。
これは下黒川運動会での発表になります。
そして各集落の歴史の調査と地名の由来。
これらの詳細は「下黒川分館便り」に掲載されます。
角張館長が言われました「各集落の神社の由来を調査したい」
とても意義深い事です。
つまり住民自治とはそこが出発点です。
二時間があっと言う間でした。
貴重な資料と講演に感謝でした。
いい日でした。


負ふた子の一人ぬれけり夏の雨

7月17日
上田市にある「まるこ福祉会」

20unko9.jpg

社会福祉法人 まるこ福祉会の柳沢理事長のお話。
障害を持つ人達が地域とともに作るJAS有機規格の堆肥。
土壌改良剤として販売しています。

20unko10.jpg

伊藤代表の講話は内容が濃くてアッと言う間の時間。
バイオ酵素の「フォーレスト」の赤羽氏の貴重な講話。

20unko11.jpg

酵素を活用したウナギの養殖。
これは旨いウナギ定食¥1100円。

20unko12.jpg

まさに内容充実の「うんこツアー」でしたよ。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1

オススメ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち研修カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは郷土料理です。

次のカテゴリは仕事です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。