自然とともにの最近のブログ記事

かげ口は寂しきものや水羊羹

長谷川春草

九州の豪雨の様子が連日のTVに映し出され。
絶句です。
大分県、福岡県・・田舎の街、村、多くは山間地。

17gouu3.jpg

糸魚川の能生川も増水して避難勧告が出たとか。
「7.11水害」を思い出します。
自然の猛威には勝てません。
潟はすっかり水の中・・やはり水稲です。
稲は強い。
7日に向けて会社の整理整頓で終日。

昇降機しづかに雷の夜を昇る

西東三鬼

糸魚川、上越市、頸北地区も豪雨にやられましたね。
参りました。

17gou1.jpg

大雨の中田んぼを見に。
江立て・中干し・・・なんてとんでもない!

17gou2.jpg

大豆が水没です。土盛りすればいいかな。
恨めしい、終日デスクワークで突っ走る。

六月を綺麗な風の吹くことよ

正岡子規

コーチャンも私も5時30分には起床しました。
お!外は濃霧、雨ですね。
どうか雲が切れて妙高山が見ますように!
イザ「いもり池」へです。
いつだったかな?乃愛や愛結と5月の連休に来ました。
二人とも小学校だった頃が懐かしい。
今は二人とも中学生で部活が優先です。

17akakura44.jpg

山頂にはズッポリと雲がありました、残念ながら。

17akakura7.jpg

いもり池散策です。

17akakura8.jpg

自然観察コースに入ると巨木に遭遇しました。

17akakura55.jpg

足湯はとても気持ちがいいな。

昼食は「サンライト妙高」で。マスターは天野さん。
ここでは「くびき野観光研究所」の天野さんから撮って頂きました。

17akakura10.jpg

不思議なことに見事に雲がなくなりました。

17akakura9.jpg

すっかり雲も晴れました。
日曜画家の女性が楽しそうに絵筆を振るってました。
雄大な妙高といもり池が絵のようでした。


| コメント(0) | トラックバック(0)

南天の実をこぼしたる目白かな

正岡子規

三年はかかったかな。
藤の枝を素人剪定・・・結果は花無し。
昨年でした。

17huzi1.jpg

苦節三年?

調子に乗って喜び過ぎました。
ああ!この葉の茂り。

17huzi2.jpg

藤は大変難しいな。

季節

| コメント(0) | トラックバック(0)

春惜しむ命惜しむに異ならず

高浜虚子
肉食の鯰もやっと退治して・・我が家の池も平穏。
金魚が楽しそうに泳ぐ季節。

17tutuzi.jpg

庭のツツジ、紫に花咲くのが一番早い。
大潟区にあるコメリで買って植えた。
これから赤、白と春の花が咲くのが楽しいね。
最近になって気づいたのが「処凛」の花。

17karin.jpg

なかなか可憐な処凛の花。
小さくて色合いもいい。

武蔵野の森より森へ春の虹

鈴木花蓑

藪の中にはいろんな恵みがあります。
筍はまだですがまずは「タラの芽」

17taranome1.jpg

田んぼの仕事、肥料撒きや耕耘はまだ。
辺りは静かでした。

ちょっと高いな。

17taranome2.jpg

天婦羅が旨い。勿論塩で食べます。

17taranome3.jpg

元気の源です。
強風をおして苗を床に並べました。
水掛も万全ですし、午後からは会議がドットあります。

ちらちらと陽炎立ちぬ猫の家
夏目漱石

我が家の春は「石碑」の生垣です。
今年も咲きましたよ。

17boke1.jpg

ボケは新潟県の花なんですね。
棘があって要注意ですが私にとっては嬉しい。
多分祖父が植えたのかな。
戦死した次雄伯父さん(父の弟)の碑を飾ります。

17boke2.jpg

春を感じる我が家です。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7

オススメ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち自然とともにカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは仕事です。

次のカテゴリは写真です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。