映画が好きの最近のブログ記事

木蓮の花びら風に折れてあり

松本たかし

3月27日(日)上越映画鑑賞会の例会。
第211回です。

21kaze1.jpg

ベストセラーのもなった本の映画化。
実話です。
図書館で見つけた一冊の
本を元に電気を起こす。
風車で水を運んで村を救った話。

21kaze2.jpg


小中学校の生徒に観て欲しいな!!

ほのぼのと深き蜆や水の底

原 石鼎

2月14日(日)高田世界観にて「カツベン」
一生に一度はカツベンを!
無声映画の傑作が実演付きで上映されました。
「都会の女」巨匠 ムルナウの無声映画の傑作です。
「日の丸太郎  武者修行の巻」アニメ。
「血煙高田の馬場」大河内伝十郎主演。
堀部安兵衛の物語。
「都会の女」は大変良かった。
数頭仕立ての馬車コンバインと麦刈り。
アメリカの開拓農家の暮らしが見えた。
内容も表現もリアルで豊かだった。

21katuben1.jpg

まさにライブです。
活動写真弁士は片岡一郎。

21katuben4.jpg

ピアノ伴奏です。
上屋安由美さん。
彼女は桐朋学園大学音楽学部作曲専攻卒業。
同大学の研究科修了。
全て彼女の創作です、とても素晴らしい!

21katuben2.jpg

これって完璧な芸術です。

21katuben3.jpg

映画の内容も二人の芸も超一流でした。


たくましく八手は花になりにけり

江左 尚白

11月22日、日曜日。
夏から計画?正確には一月からかな。
「農がつなぐ希望」
「上越☆農業映画祭」高田世界館にて開催。
当日は駐車場の手配が一番の問題点。
案内版、案内人。
まああ何とか行きました。

20eigasai1.jpg

コンサートが終了しました。
ご苦労様でした。
良かったね!!
打ち上げは気楽なレストラン・・タイ料理です。

20eigasai2.jpg

私はノンアルですが、ちょっと辛くて旨い。
安い!


20eigasai3.jpg

反応はとても良かったですね。
ご苦労様でした。

眠りこけつつ尚止まぬ夜なべかな

高浜虚子

上越映画鑑賞会の例会。
中国のジャ・ジャンクー監督の「帰れない二人」
とても良かったナー。
「長江哀歌」も良かったけど。
これはまた違う。
なんでもビートたけし企画が応援してるんだとか。
名画だ。

20kaerenai.jpg

スケールの大きさ。
カメラの妙。
人物の心の繊細さの表現は抜群で配役もいい。

20ukigumo1.jpg

作風は違うけど成瀬監督の「浮雲」も男女の表現。

20ukigumo.jpg

これは天下の名優、高峰秀子。
そして森 雅之だよ。

映画

| コメント(0) | トラックバック(0)

門を出て十歩に秋の海広し

正岡子規


11月22日、農が繋ぐいのち
プレ 上越国際映画祭を開催します。
その際のメイン映画が決まりました。
何と吉村公三郎監督、宮本研脚本。
主演はアノ三国蓮太郎です。
幸徳秋水や荒畑寒村も出ます。

20ranrunohata.jpg


「襤褸の旗」襤褸(らんる)
この映画五社協定から飛び出した監督の
執念の映画です。
名画!

映画

| コメント(0) | トラックバック(0)

稲妻や世をすねて住む竹の奥

永井荷風


稲刈り前に重い切って?映画に。
昔はオヤジが映画館・・潟町会館・・に連れて行って
くれたなあ。
あれは本当に楽しかった。
二等兵物語、チャンバラ映画。

20sekaikan291.jpg

8月29日、高田世界館。
「戦争と一人の女」「アジアの純真」
「あの国の空」

脚本、監督が勢ぞろいです。

20sekaikan292.jpg

ああ凄い事なんだけど・

盗人潜む二百十日の縁の下


寺田寅彦

9月1日から2日と目一杯秋の準備。
でも暑くてクタクタ。
除草剤散布、畑の片づけ。
整理整頓。
サテ、高田世界館の凄さが分かります。
8月30日には「野火」の上映。
この日だけの一日限定です。
原作は大岡昇平。
塚本晋也監督がリモートで出演。

20sekaikannobi.jpg

戦場の音と臭いが漂ってきます。
名作です。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1

オススメ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち映画が好きカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはブログ談義です。

次のカテゴリは温泉三昧です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。