江立てと紫陽花

| コメント(4) | トラックバック(0)

紫陽花
稲も中干し作業が続いています。
田んぼの排水と真夏の用水が流れやすくするための溝切り。
江立て作業が重要です。
紫陽花が咲く頃は江立てと草刈作業の真っ最中。
後期に向かって期待と緊張の日々です。
我が家の若夫婦は大豆の培土で終日。
雨マークが近いです。
田んぼではM氏が江立てで頑張ってます。
この勇姿に脱帽!
江立て

江立て

因みに畔に咲く「あやめ」や「紫陽花」はM氏が手塩にかけて
育てたものなのです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kubikimochi.or.jp/mt/mt-tb.cgi/1234

コメント(4)

こんばんは。豆撰の多田です。あじさいの写し方が、こんな風に撮るのかと感心いたしました。
田んぼの溝きりは我が家もしました。私は見るだけですが・・・。これからの日本を支えるのは農業と思っています。

こんばんは。

>江立て作業が重要です。
江立て作業、始めて知りました。
細かな気遣いが重要なんですね。(^^)

田んぼの溝きりは我が家もしました。私は見るだけですが・・・。これからの日本を支えるのは農業と思っています。
>豆撰さん、コンイチワ。
美味しい薩摩揚げに感謝です。
農業もされているんですね。
励まされてます。

細かな気遣いが重要なんですね。(^^)
>店長さん、お早うございます。
稲作の管理は無限です。

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7

オススメ

このブログ記事について

このページは、が2010年7月 6日 05:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「四つ葉」です。

次のブログ記事は「やはり紫陽花」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。