魚糟

| コメント(0) | トラックバック(0)

秋の野や草の中行く風の音

松尾芭蕉

今回の研修では、村上園の自家製の堆肥つくりと
活性水の散布で害虫の忌避になる事実が面白かった。
原液を何回も散布してる訳だからな。

19gyokasu0.jpg

魚糟は凄い匂い。でも高価で貴重な原料になる。

19gyokaksu2.jpg

鰹と鮪・・・カツオとマグロ。
肥料はただペレット化してるだけだから根は同じ。

19izugawa3.jpg

有機をやった事がない農家には全く興味がないだろうな。
伊豆川社長の話は面白かったナー。


  芋虫や女をおどす悪太郎

正岡子規

20日、21日と静岡の研修でした。
家族農業の考え方も変わりました。
村上園を視察して天空に広がる茶園に感動ですね。

19murakamityaen1.jpg

星伽さんと石塚さんのご両人。
天気がいいと富士山が見えます。
国営で造成したらしいのですが。

19murakamityaen2.jpg

有機JASの苦労は除草です。
畝間を草刈り機で茶園の中は手取りになります。
そして選別と製茶も自己完結型ですから資本の投下
は半端ではないです。
まさに圧倒されました。
農場は一代にして成らず!!

帚木の四五本同じ形かな

正岡子規

帚木は「箒草」の別名。
長年の付き合いですが村上園は初めて。
大きな山に向かってどんどん登ります。
まさに「天空の城」でした。

19murakami1.jpg

村上園から我らが金谷氏が合流しました。

19murakami2.jpg

国営事業で開墾した茶園です。
約4haの広大な農園。しかも全作有機!!

19murakami3.jpg

茶摘みコンバインの威容。

19murakami4.jpg

新芽を刈り取って風で後ろの籠に入れます。

19murakami5.jpg

茨城自然塾 清水社長と散布機。
活性水もこれで散布。

19murakami6.jpg

除草剤は不使用ですから草刈り
草取りが大変な作業です。

19murakami7.jpg

懐かしいお茶の花ですね。

19murakami8.jpg

自家製の堆肥製造場。温度計があります。
いい発酵ですね。

19murakami9.jpg

一人で堆肥の袋詰めができる優れもの。

19murakami10.jpg

刈り取ったお茶の葉の乾燥から製品までの施設。

19murakami11.jpg

有機JAS認定工場の看板。素晴らしいね!
有機JASだから共同選別は無理。
資本の投下は半端じゃない。

19murakami12.jpg

BMWプラント、黒富士の堆肥から立ち上げました。
村上園渾身のプラントですね。

19murakami13.jpg

集落の景色は長野県飯田市と似てます。
急峻な地形、雪国では想像できない集落の様子。

19izugawa1.jpg

伊豆川飼料工場の見学。
清水氏は缶詰工場の集積地。
ここにはアジア各地から魚残差が集積。
漁糟の資料・肥料の説明。

19izugawa2.jpg

氏は元は商社マン。
私も使用してます「853」「742」
の原料がありました。匂いで分かります。

19izugawa3.jpg

有機JAS適合の「10?6魚糟粉末」
これには注目!!
研修が終わり富永氏と駅構内で昼食。
やっぱり「刺身丼」かな。
笹神の皆さんと越後湯沢駅まで一緒でした。
13時35分。FMJの取材あり。
電車の中だったので雑音多し。
大丈夫だったか・・・心配。
生放送・・・想像で答えましたよ。


秋涼し手毎にむけや瓜茄子

松尾芭蕉

家族農業をテーマに今年のセミナーは静岡市。
会場は駅前のCSA貸会議室。5?B。
ほくほく線を8時15分で乗車。
越後湯沢駅から東京、東海道新幹線に乗り換え。
駅前で富永氏と合流。
スマフォのマップだけでは不安でした。
13時30分  スタート

19zemi1.jpg

やまなし自然塾 向山洋平氏若T幹事の挨拶。

19zemi2.jpg

セミナーのメイン講師です。
基調講演「国連 家族農業の10年と
持続可能な食と農」
愛知学園大学 准教授 関根佳恵氏
日本では家族農業が死語になってる感じですが。
法人が一人歩きしてました。
国際農政の大転換の話ですね。

19zemi3.jpg

アジアの現場からの事例報告として
「香港の農民からの問いかけ」
武蔵大学 教授 安藤丈将氏

「フィリピン・ネグロス島より」
特定非営利活動法人 APLA 寺田 俊氏。

懇親会は駅前「松乃鮨」
宿泊は「くれたけインプレミアム静岡駅前」
どさっと寝ました。
とても充実したセミナーでした。

玄関の下駄に日の照る残暑かな

村上鬼城

私にとっては入院以来二か月ぶり。
皆さんがちょっと懐かしい。
早朝、映写をセット。

19ozisan0.jpg

ところが画像と音源も応答なし。
アクセス・・・ダメだ。
汗が噴き出ルナー。
困った・・・電源をオン・オフ・・出た!!
これで一安心。

19ozisan1.jpg

光男の恋の話。
相手が後藤久美子・・ゴクミです。
イイですね。
寅さんの恋の手ほどきも素晴らしい。

19ozisan.jpg

光男のロードムービー張りの映像がいい。
名古屋から東京。
そして佐賀県へ。
青春が描かれていました。
皆さん、若かりし頃を思い出しました。
お隣のY氏も途中参加。
律儀にも100円頂きまして、
有難うございました。
感謝です。
お茶会はとても楽しかったナー。

玄関の下駄に日の照る残暑かな

村上鬼城

日曜日、ホントは今日黒四ダムの予定だった。
10時からスタートの世界館。
映画「新聞記者」を観に二人で。

19sinbun1.jpg

なかなかの力作でよく撮ったなあ。

19sinbun2.jpg

脚本の設定、役者の演技が光る。
社会派娯楽映画に感動しました。
素晴らしいね!!!
お昼は「えぷろん亭」でお腹が一杯。

| コメント(0) | トラックバック(0)

はつあらし佐渡より味噌のとどきけり

久保田万太郎

今日も早朝6時に集合。
10分前に行って用水の池を眺める。
凄い!菱です。あんなに取ったのにナー。
もうこうして集合するのも今日と明日で止めようと提案。


19hisi.jpg

久比岐の里の仕事で半日。
田んぼの巡回、味噌の切り替えしで半日。
今日は白味噌も濾して機械・タンクも洗ったし。
目一杯の一日でした。
あそうだ!蜂退治もした。
幸人のお姉さんがご挨拶に来宅。
鵜の浜の花火見学でした。
楽しそうだな!

最近のコメント

アイテム

  • 19izugawa3.jpg
  • 19gyokaksu2.jpg
  • 19gyokasu0.jpg
  • 19murakamityaen2.jpg
  • 19murakamityaen1.jpg
  • 19izugawa3.jpg
  • 19izugawa2.jpg
  • 19izugawa1.jpg
  • 19murakami13.jpg
  • 19murakami12.jpg

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1

オススメ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。